<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

IL TEATRINO DA SALONE 6月のコース

約1ケ月前から予約して南青山『IL TEATRINO DA SALONE』での女子会です。
今日で最終日の6月のコースをいただきました。

シャンパンで喉をうるおしたら、あんなに暑くて参っていたはずなのに、胃袋が動き始めます。
お決まりのオリーブオイルをたっぷりつけたパンをいただくと、準備万端。
a0153913_1223656.jpg

■トマトのズッベッタ
 リコッタチーズのまろやかさがトマトの甘い酸味とハーモニー。
a0153913_1223834.jpg

■バッカラ ポルチーニのサルサ
 ジャガイモのフリットと、鱈のコンビネーション。ポルチーニのうまみがきいてます。
a0153913_12282454.jpg

■海老のサルティンボッカ
 白トリュフ風味の甘いプリンと濃い海老のおだしを交互に味わう幸せ。
a0153913_12284193.jpg

■白身魚のイン ウーミド フレッド
 真鯛を低温調理してアサリのジュレとパプリカのソースが夏らしい一品。
a0153913_12304949.jpg

■ラヴィオリ タコのラグー ひよこ豆を詰めて
 タコとは思えない濃厚なラグーに松の実とタジャスカオリーブがアクセント。
a0153913_12355510.jpg

■フェットゥチーネ 豚スティンコの煮込みとちりめんキャベツ
 お得意のスティンコの煮込みは絶品。
a0153913_12374393.jpg

■仔羊のストゥファート
 今月は、仔羊の独特の風味があり、アンディーブの苦みがとてもよくあっています。
a0153913_12374185.jpg

■チェリーのジレッラ
 ロールケーキは、女子は大好き!
 グリオットの泡のだんだん消えてくさまにせつなくなってしまった女子5人。というのは大嘘。
a0153913_12425998.jpg

■お茶菓子
 プレゼンが変わっていてびっくり、ジブリのキャラクターっぽくてかわいい。
a0153913_1243150.jpg


今月は、後半、がしっとした骨格のあるコース。
タコのラグーから、豚スティンコ、仔羊の流れは、赤ワインが必須でした。

大満足のディナーと楽しいおしゃべり。素敵な女子会となりました。
参加者の皆さん、お店の皆さん、どうもありがとうございました。

さて、さらに暑くなる7月はどんなコースでしょう?
来月もとても楽しみです。
また早めに予約入れなくっちゃ。
[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-30 23:38 | restaurant-italian

アメリカン・ポークのスペシャルランチ

レシピブログの「アメリカン・ポークのスペシャルランチを楽しむトークイベント」に参加させていただきました。
場所は、前から気になっていた、銀座三越11F「セストセンソ」。
a0153913_1651381.jpg


若くして、「リッツカールトン ワシントンD.C」の総料理長となり、レーガン、ブッシュ、クリントン大統領の就任晩餐会を担当された、山本秀正シェフのお店です。

シェフのソテーのデモを拝見した後、アメリカン・ポークを使った3皿ランチをいただきました。

■ロースハムのカルパッチョ
a0153913_16531965.jpg

とても柔らかく仕上がっています。サラダが豪快にのっているのもうれしい。
アメリカンポークだから、チェダーチーズかと思いきや、ミモレットを飾りに使っているあたりがイタリアン?

■ヒレ肉のソテー
a0153913_16532428.jpg

このくらいのボリュームあるお肉って、なかなかおうちでは使いません。
それに、やはり、プロの盛りつけは違います!
a0153913_16532566.jpg

見て!この絶妙なロゼ色!シェフのおっしゃる、「ミディアムウェル」です。

■アメリカン・ポークチップのミルフィーユ
a0153913_16532713.jpg

デザートには、素揚げにしてチョコをかけたクリスピーな豚肉ロース。

とってもフュージョンな、アメリカンポークランチをいただきました。

レシピを説明していただいたんですけど、さて、私の腕で再現できるか、かなり不安。
でも、せっかくですから、近いうちにチャレンジしてみよう~♪
[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-28 23:43 | etc

おひとりさまのアテ

ぐーぐるかれんだーで、相棒が急に飲み会になったことを知り、今日は料理要らずとほくそ笑み。
三木鶏卵の出汁巻きと、水ナスのお漬物、キューリの梅肉和えで、ひとり宴会。
a0153913_23255059.jpg

いや、夏はやっぱり、ビールですな。
[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-27 23:21 | cooking

京都からの帰りはお決まりの

京都から夕方の新幹線に乗るときは、必ず、伊勢丹の地下によって買い物を済ませます。
「三木鶏卵」のだしまきと、「いづう」さんの鯖寿司で定番の晩酌。
遅めだと鯖寿司が無くなっちゃって、今日はイベントスペースの長崎の焼き鯖寿司がおともです。
a0153913_102558100.jpg

これが、至福の時間だったりするのです~。
[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-27 10:23 | etc

南禅寺「菊水」で、3日連続の鱧

東京は涼しかったという日曜日、京都に法事で出かけました。
京都は、信じられない暑さ。ダークスーツの男性たちが気の毒すぎる。

南禅寺「菊水」でお食事をいただきました。
お料理屋さんは、八寸が一番盛り上がりますね。
a0153913_19103821.jpg

一昨日から洗い、フリットときて、3日目の今日は、お椀でいただく鱧。幸せです。
a0153913_19104881.jpg

新ばしで堪能した鮎もいただきました。
a0153913_1910585.jpg

これまでは、私、いつも鮎の頭や骨を残していたのですが、おとといの記憶が残っていて、頭から丸ごとバリバリ食べてしまいました。残念ながら、産地は判明せず。

実は、菊水さんは、披露宴でお世話になったお店。
相変わらず素敵なお庭でした。

7月に入る前に、鱧を食べすぎちゃったかしら?
鱧のように険しい顔にならないように気をつけますです。
[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-26 23:01 | restaurant-japanese

亀岡の素材を使ったイタリアン

義母のお誕生日が近いので、亀岡駅すぐ近くの楽々荘のイタリアンレストラン「チンギアーレ」でディナー。
山陰線を通すのに尽力したという田中源太郎翁の生家で、立派なお庭は、この時期ビアガーデンにもなっています。
4500円の期間限定「丹波亀岡牛の夏の涼風コース」をいただきました。

アミューズの後、
鱧のフリット 冷たいカポナータと共に
~京の夏は、イタリアンといえど鱧。フリットは弾力があって美味。
a0153913_18505918.jpg

フルーツトマトの冷製カッペリーニ ミントの香り
~上に乗ったトマトのジェラートがポイント!
a0153913_1851132.jpg

牛タンをのせたカーチョ・エ・ペペ
~胡椒がきいてま~す。
a0153913_1851273.jpg

炭火で炙った亀岡牛と夏野菜のバーニャカウダソース
~やらかい亀岡牛が口の中でとろけて、野菜たっぷりも嬉しい。
a0153913_1851484.jpg


デザートが出てくる頃にはお腹いっぱい。ボリュームたっぷり。
ワインも、お手頃なものをカラフェで注文できます。
地元亀岡のお肉に加え、お野菜もたっぷり使われているのがマル。

6月に入られたというサービスの方もとても感じが良く、色々と器を使っていただき、楽しいお誕生日ディナーとなりました。
京都市内に出かけなくても、このレベルのイタリアンがいただけるのは嬉しい限りです。

チンギアーレ イタリアン / 亀岡駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-25 22:36 | restaurant-italian

新ばし 笹田 で、鮎の美味しさを学ぶ

西新橋の『笹田』さん。京味さんで修業されたそうです。
美味しいと何度も自慢(笑)されていて、ぜひ、誘ってくださいとお願いをしていたところ、念願かなって、鮎がテーマの食事会(参加者:3名)に誘っていただきました。

新橋から、歩くことしばし。カウンター8席の席の後ろはすぐひ格子戸。
コンパクトながらも、和食ならではの白木のカウンターが心地よい空間です。

お通しは、ウニと長いも。 はものおだしのジュレが夏を感じさせます。
a0153913_17424419.jpg

タコのお造りはさっぱりとお塩でいただきます。
a0153913_17582559.jpg

骨切りの音も涼しく、夏といえばハモ! 
a0153913_17584672.jpg

焼きもろこしはポリポリ良い食感。
a0153913_1835064.jpg

青菜の煮ものをいただくと、京料理の奥深さを感じます。
a0153913_185450.jpg

お造りに至っても、全て品の良いお料理だからか、するすると身体に入ってきます。
a0153913_187336.jpg

おこぜと焼き目を付けたお豆腐のお椀。おこぜがふわふわ。
a0153913_18114976.jpg

そして、本日のメインエベント~♪産地の異なる鮎三種の食べ比べ。
広島の太田川、岐阜の長良川、島根の高津川。
a0153913_1816772.jpg

まだどれも小ぶりで、頭からかじっていただきました。
一番小ぶりな太田川は、味が凝縮して詰まった感。長良川はワタでいただき、高津川は、上品な味わい。
食べ比べると、それぞれの個性が立って、鮎のさまざまな味わいをあらためて確認できます。
正直なところ、これまで「鮎」にあまり興味が無かったのですが、あらためてましてリスペクト。
これも、笹田さんの素材を選ぶ眼、上手な焼き加減があってこそ。
大変、勉強になりました。

また、びっくしりたのは、ご飯のおいしさ。ご飯ってこんなに美味しい香りだったかしら?
a0153913_18161055.jpg

ご飯をおかわりしない、いや、お断りすることの多い私ですが、おもわず、ちりめんと一緒におこげをお代わりしちゃいました。

これまた甘い美味しいお茶と白玉。
a0153913_18161250.jpg


鮎の美味しさをおしえていただした、大満足のお食事会でした。
どうもご馳走様でした。

ひとつだけ注文があるとすると、お酒の種類がもう少しあると嬉しいな。

新ばし 笹田 割烹・小料理 / 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅

夜総合点★★★★ 4.0


[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-24 23:29 | restaurant-japanese

夏向き?青唐辛子のピッツァ

月曜日、ピッツェリアドーロ恵比寿店でのランチ。
何気に頼んだ青唐辛子とナスのピッツァ。
a0153913_17432784.jpg

あたた!かっっらーーーーーー。

青唐辛子に触れた舌や唇がひりひり。あっつー。

これからの激暑デーには良さそう?
[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-24 17:47 | restaurant-italian

ふわふわの削り節~

火曜日に、築地の伏高さんにて、鰹節の削り方講習会に参加しました。

持参してくださいね、と言われた家の削り器を見るなり、ちょっと難しいかも。曰く
・刃が欠けているようだ。
・体重をかけて削るのに、台が貧弱である。

そこで、伏高さんの削り器を借りて練習です。
a0153913_1739742.jpg

頭側からね、こんな角度で上から体重をかけるように削るんですよ。
うーん、こんなかんじですか?
そうそう。左手は添えるだけですよ。まあ、徐々にうまくなりますよ。
もう少し刃を出してくださいなんて、お願いまでしちゃって練習すること10分。
音がよくなってきたんじゃないですか?
a0153913_1739564.jpg

お、絵にかいたような削り節だ!
いやいや、はじめてでこのくらい削れればいんじゃないですか。
ほんとですかー?

なーんて、最終的には良い気分で、講座終了。

やっぱり道具よね?と講習を終えたその足で刃物屋さんへ。
刃物屋さんもうーん・・・。で、
えいやっと勢いで買ってしまった削り器は右側。
a0153913_1739102.jpg

あら、大きさがまず違う。
a0153913_1739899.jpg

なるほど、台も刃も全く体が違いますねー。
家に帰って、新調した削り器で削ると、あれまー、上手に削れるじゃない?

てなことで、夕食のメインディッシュは、冷やっこ!
a0153913_18425.jpg

額に汗しながら学んだ成果。手抜きとは言わせません。
[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-23 18:10 | cooking

手頃で、しかし美しく美味しいイタリアン oishii

資生堂ビルに中央通りから資生堂ビルに入った瞬間、「さすが」と思わせられる圧倒的な存在感。
これは、どの階で降りてもきっと変わらないはず。

10階のボタンを押して、エレベーターで上がる間、古いエレベーターなんだけど何か感じる堂々とした威圧感。
エレベータのドアが開いた瞬間、迎えてくれる笑顔。
さすが資生堂。

3800円のプリフィクスコースをいただくことにした。
パンは3種類。トマトのパンが美味。
a0153913_2339554.jpg

■丸茄子とパプリカのタルトレット 
 綺麗。ナスのピューレのソースが美味。
a0153913_23395265.jpg

■バヴェッティーネ トビッ子とルッコラ
 あっさりしたオイルソース。トビッ子のプチプチした食感が楽しい。
a0153913_23395164.jpg

■時鮭のコンフィ ルバーブソースとオゼイユオイル +500円
 サーモン&オゼイユの定番の組み合わせはシンプルで落ち着く味。
a0153913_23394844.jpg

■デザートワゴン
 お腹いっぱいなのに、とりあえず3種頼んでしまう食いしん坊。
a0153913_23394743.jpg


銀座の10階、自然光が降り注ぐ中、ゆったりとした空間でいただく、美しく、且つ、美味しいお料理に、大満足。3800円は安い!

レストラン ファロ 資生堂 イタリアン / 新橋駅銀座駅東銀座駅

昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
by reiko_nei3 | 2011-06-22 23:48 | restaurant-italian


美味しいものを食べて美味しいものを飲んで、健康だったら幸せ。。。


by れいこねいさん。

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
greeting
restaurant-japanese
restaurant-french
restaurant-italian
restaurant-spanish
restaurant-chinese
restaurant-etc
cafe-meshi
home party
sweets&bread
cheese&wine
cooking
drink
book&movie
otoriyose
oshigoto
kyoto
oita
etc
未分類

最新の記事

まちのパーラーでのんびり
at 2013-03-24 16:12
京都では、いつも麺
at 2013-02-11 12:59
週末ハンバーガーは継続中
at 2013-02-09 14:52
お腹が空いたら代官山で途中下車。
at 2013-02-08 17:11
ちょっとお肉気分には
at 2013-01-25 23:55

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

フォロー中のブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
chez HiRo
「東京最高のレストラン」ブログ

バナー

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
子育て

画像一覧