カテゴリ:restaurant-french( 57 )

クレッソニエールで満足の銀盆ランチ

風邪が落ち着いてきたので、連休気分最後の今日はお出かけ。
新宿で買い物をして、国立新美術館の国展に、親戚の作品を観に行きました。

さて、ランチは、新宿三丁目で、以前から行きそびれていたセゾンプラザ地下の「クレッソニエール」へ。
a0153913_0223531.jpg

日替わりランチ、今日のメニューは、鶏のコンフィバターライス添え。
2種類のマスタードでいただきます。

スープは、ジャガイモのポタージュ、ニース風サラダ風のミニサラダ、パンと、コーヒーと、プチデザートはパンプディング。これで1000円!

どれも、素朴で優しい味。で、お腹一杯。
何で今まで来なかったのかしら。新宿ランチは、しばらく「クレッソニエール」に決まりです。
[PR]
by reiko_nei3 | 2010-05-09 23:09 | restaurant-french

カラペティ バトゥバ!

カウンターのお店でおすすめは?と、とあるグルメ本の編集長にお聞きしたところ、
カラペティ バトゥバ!をおすすめいただき、さっそく行ってまいりました。

麻布十番、豆源産のすぐ近くのビルの2階です。
麻布十番は、2階のお店にとても魅力的なところが多く、ふと目に留まりますよね。

さて、店内には、15人ほど座れそうな長いカウンターとテーブル席。

アラカルトが主体ですが、コースもあり、嫌いなものを申し出ると、提案して下さいます。
4725円と、6300円。ボリュームがあるとお店の人が力説するので、
皿数の少ない4725円のコースにしました。

お突き出しをいただいた後、前菜2皿、メイン、デザートという流れ。
■10種の野菜を盛り込んだ菜園サラダ~たっぷりで、食べ応え抜群です。
a0153913_9344596.jpg

青いイチゴちゃんが、ほのかに春を感じさせます。
  
a0153913_9351954.jpg


■冬トリュフのポレンタ~めちゃくちゃ美味しくて、これだけで、ワイン1本いけそうです。
a0153913_9353257.jpg


■梅肉豚肩ロースのロティ~かなり低温の火入れで、とてもジューシー。
a0153913_9365661.jpg


ワインは、頼みやすい5000円前後のものから揃っています。
とにかく、明るくカジュアルな雰囲気がとても素敵。
これは、普段着で来れるフレンチ。通いたくなるお店ですね。

こんなお店がたくさんあって、いいなあ、麻布十番。。。

今日の一皿は、冬トリュフのポレンタ。
ワインは大好きなシャトーヌフ・デュ・パプをいただきました。
a0153913_9354535.jpg

[PR]
by reiko_nei3 | 2010-03-10 23:59 | restaurant-french

ビストロ スリジィエ

以前の同僚とお食事会。新橋のカウンターフレンチ「スリジィエ」へ伺いました。

カウンター7席の飲み屋さんのようなお店。内装はカジュアルですが、クラシックが流れている不思議な空間です。

5000円のコースは、オードブル2品と、魚、肉、デザートまたはチーズ、コーヒー。

狭いキッチンから、レンジなどを駆使して出てくるのは、ホテルのメインダイニングで出てくるようなベーシックなフランス料理です。

■ヒラメとイカのロールキャベツ
a0153913_12415623.jpg

久しぶりにいただいた、きちんと作られたソースアメリケーヌ。フランス料理はやっぱり美味しいです。

きっと、ストックヤードも狭いのでしょうけれど、もう少しグラスワインのバラエティがあるとうれしかったかもしれません。

面白いのは、帰るとき。店内は一方通行で(?)入り口と反対側から出るのです。

しっかりとソースを使っているので、私には、フルコースはトゥーマッチに感じました。
遅めの時間にうかがって、軽くアラカルトでいただくのが、良いのかも!?

【ビストロ スリジィエ】
東京都港区新橋2-15-17
JR新橋駅より徒歩3分(ちょっとややこしい)
TEL 03-3508-0705
18:00~24:00
定休日  日曜・祝日
[PR]
by reiko_nei3 | 2010-02-23 11:26 | restaurant-french

美しいテリーヌ・ランチ

美しく美味しい「テリーヌ」で有名な代官山の「レザンファン ギャテ」へ、ランチに伺いました。

MUNU Terrine(ムニュ テリーヌ) ¥3000円。

■アミューズのラタトゥイユのテリーヌ 燻製クリーム添え
*冷燻をかけた生クリームを泡立てているそう。
a0153913_155937100.jpg

■本日のスープは、色々お野菜のポタージュ

メインは、テリーヌを1つ選ぶことができます。二人とも悩んで、それぞれ半分ずっこしました。

■最低2週間熟成させたシェフ自慢の田舎風テリーヌ
*やっぱり、定番からいただかなくてはね。
a0153913_15582629.jpg


■ミュラール種鴨コンフィとジャガイモのサルラデーズの温かいテリーヌ
*フランスの定番お料理のテリーヌ仕立て。私、やっぱり鴨が好き。
a0153913_15583440.jpg


■グリーンサラダ
■キャフェとタルト・オ・ショコラ

コンセプトを絞った素敵なプレゼンテーション。
テリーヌ仕立てでとても食べやすいポーションです。
なるほど、知人たちが、こぞっておすすめしてくれるわけですね。


今日は、10年振りの、再会ランチでした。
当時、私は飲食店の店長をしていて、彼女はアルバイト。
突然そのポジションに置かれた私には、アルバイトではなく「プロ」としてお店をまとめ、お料理を出したり、会計をしたりすることに、プレッシャーを感じ、身体も慣れず、とても辛く苦しい時期でした。
結局2ヶ月で身体を壊して辞めたのですが、そんな短期間にも確実に人との出会いはあり、10年経った今、ひょんなところで声を掛けていただいて再会を果たし、ランチをしたり、また飲みましょうと約束したり。
とても、嬉しいことです。

どんな瞬間も人との出会い、別れを大事にしていかなくてはならないと感じるこの頃です。
[PR]
by reiko_nei3 | 2010-01-28 15:45 | restaurant-french

12月のインダルジ

インダルジは、とても面白い。オール電化のカウンターキッチンの片側がダイニングになっていて、目の前でシェフがお料理を作ってくれる。
横並びで、5名しか座れないため、予約は1日1組5名まで。

「カウンターフレンチ」と名刺には書いてあるけれど、アメリカで料理の道に入ったというシェフのお料理は、日本の「フレンチ」や「イタリアン」のシェフがこだわる垣根を全く感じさせず、それらを日本人らしくアレンジした「ヌーベル洋食」といった感覚である。

客の盛り上がりには関わらず、黙々と料理を作ってくださる姿からは、どこか「すし屋」に通じる職人気質を感じる。それは、シェフが生まれ育った浅草の気風が関係するのかもしれない。

なんて、お店の紹介を書いているのですが、実は食べに行ったのは、昨年12月。
ブログを再開していなかったので、お蔵入りにする予定が、2010年は12月に2日しかお席が無いという話を聞いて、ブログに書く機会は、もうないかもしれない!とあせったからなのです。

12月の月代わり7350円コースの内容は以下の通り

■フォワグラのポワレ、スイート・ポテト
フォワグラと、スイート・ポテトをあわせるって、初めて!面白い。
a0153913_16123080.jpg

■蜆のブランマンジェ、白菜のクーリ
蜆と白菜だなんて、全く和の食材です。しじみの濃い旨みと白菜の凝縮した甘味がバッチリ。
a0153913_16124219.jpg

■真鱈のポワレ、百合根のリゾット、金時人参のピュレ
百合根のリゾット、絶品です。鱈の上にまぶしてある塩が甘い金時人参のソースで相殺されてちょうど良し。
a0153913_16125030.jpg

■鹿フィレ肉の真空調理、赤キャベツ、ル・レクチェのソース
赤キャベツのピクルスが味わいにアクセント。極限まで塩味を押さえていることが、低温でゆっくりと火を通した鹿肉のやわらかさ、ジューシーさを際立たせているようです。
a0153913_16125794.jpg

■蕪のスパゲティ
優しい蕪のピュレとあえたスパゲティに、生ハムとチーズがのっています。お肉の後のパスタは、日本人的「締め」の感覚で出されているそうです。
a0153913_16265658.jpg

■ヨーグルトのジェラート、柚子のジュレ
a0153913_16311152.jpg

■ガトー・ショコラ、金柑のコンポート、金柑のアングレーズ
a0153913_16312283.jpg

一皿一皿は、シンプルなのですが、こうして順に並べてみると、ソースがとてもカラフル。
使われている食材が、何気に年末からお正月をイメージさせて。
「ヌーベル和食」といった方が良いのかもしれません。

素敵なお店ですが、来年までお伺いできる機会は無さそうですね。残念。
[PR]
by reiko_nei3 | 2010-01-20 15:45 | restaurant-french

国立新美術館でランチ

乃木坂の国立新美術館

館内に入るのに、特に入場料は必要ありません。昨年、ちらっと寄ってみたらとても素敵なインテリア。ぜひ、食事してみたいなあと、1月のある土曜日にブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼでランチ。

ランチは、予約ができないそうで、11時30分に待ち合わせて、3階へ。
一日70食限定の1800円ランチをいただきました。

メインディッシュ■ポークロースト粒マスタードソース
a0153913_10581595.jpg

やわらかくて、ジューシーな豚肉を、粒マスタードの酸味でさっぱりといただきます。

デザート■クレーム・ブリュレ
a0153913_116952.jpg

ポール・ボキューズがこの形のクレーム・ブリュレを作ったと言われていますよね。
この大きさが、おフレンチでうれしいですね。

パンがついて、1800円。バターやコーヒーなどは別料金です。
お料理的には満足ができるかな?というお値段ですが、気が利かない定食屋のようなサービスであったことがとても残念でした。

公共の施設内のレストランは、なぜにこうもサービスの質が下がるでしょうか。
空間もお料理もとても良いのに、もったいないですね。
[PR]
by reiko_nei3 | 2010-01-15 10:49 | restaurant-french

白金 シェ・トモでランチ

シェ・トモは、昨年銀座に大きなお店を出されて、市川シェフは、銀座にいらっしゃいます。
かなり、予約が取りにくい状態らしく、なかなか伺う機会がありません。

そんな折、ゆっくりとビジネスランチがしたく、白金のシェ・トモに伺いました。

シェ・トモの原点である白金のお店の味を守っているのが、姉妹店ラ・ピッチョリー・ド・ルルのシェフを長年務めていた池尻シェフ。以前に比べてかなり大きく、癒し系になられました(笑)。

いただいたのは、2890円のランチコース。前菜、定番の30種のお野菜のプレート、メインに、デザートとコーヒー。前菜とメインは選べるプリフィクス。

前菜に選んだ「鰆のマリネ」
a0153913_15494218.jpg

マリネはしっかりとした味付け。新鮮な素材を活かしています。
付け合わせのチーズとザワークラフトの組み合わせはかなりのヒット。

メインは「鱈の白子」
a0153913_15513428.jpg

鱈の身の上の、表面をカリカリに焼いた白子は中はとろーり。食感がすばらしい!
ブイヤベースのソースはスパイスが利いていて、オリエンタルです。

いやあ、久しぶりにいただいたフレンチは、どれもしっかりと作りこまれていて、うれしい限り。
大満足のランチでした。
[PR]
by reiko_nei3 | 2010-01-13 15:40 | restaurant-french


美味しいものを食べて美味しいものを飲んで、健康だったら幸せ。。。


by れいこねいさん。

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
greeting
restaurant-japanese
restaurant-french
restaurant-italian
restaurant-spanish
restaurant-chinese
restaurant-etc
cafe-meshi
home party
sweets&bread
cheese&wine
cooking
drink
book&movie
otoriyose
oshigoto
kyoto
oita
etc
未分類

最新の記事

まちのパーラーでのんびり
at 2013-03-24 16:12
京都では、いつも麺
at 2013-02-11 12:59
週末ハンバーガーは継続中
at 2013-02-09 14:52
お腹が空いたら代官山で途中下車。
at 2013-02-08 17:11
ちょっとお肉気分には
at 2013-01-25 23:55

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

フォロー中のブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
chez HiRo
「東京最高のレストラン」ブログ

バナー

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
子育て

画像一覧